専業主婦では利用しづらいかもしれません

カードローンというものは、申し込みもネットで完結することが多く気軽に利用できるようなイメージがあります。しかし、カードローンとは、定収入があるということが条件となっていることが多いのです。
そんなことから、定収入のない専業主婦では利用しづらいと思われます。ただ、主婦といっても、パートなどの収入がある人は、問題なく利用できると思われます。こういった点が、カードローンとキャッシングとの違いの一つだといえます。

キャッシングの申し込みでは、本人ではなく、世帯全体の収入が問題となります。したがって、専業主婦であっても、夫の収入がきちんとあれば、それに応じた融資を受けることができます。しかし、カードローンでは、本人の収入の状況が問題になることが多いのです。そんなことから、収入のない専業主婦では、申し込みをできないこともあるのです。
したがって、専業主婦ならば、カードローンの利用などはしなくてもいいような生活を送るべきだともいえます。

おまとめローンを活用して賢くお得に返済しよう

キャッシングは便利で利用しやすいので、つい借入れが多くなってしまうこともあります。気が付くと複数の金融業者に多額の借金ができていて、返済に困る場合があります。このまま放置していると益々利息が膨らんでしまい、多重債務者となって返済不能に陥る危険性もあります。

こういうときには複数のローンやクレジットを1つにまとめ直して、おまとめローンを利用すれば返済しやすくなります。元々小額の借金を複数の会社に分散して借入するのは金利が高くなって返済には極めて不利な状況といえます。これをローン1本化して条件のよい会社に借換えすれば、トータルでの金利負担が格段に軽減されます。

キャッシングは借入金額が少ない程、実質年利が高くなります。でも複数のローンを1本化してまとめれば大きな金額になるので、その分条件のよい低い利率で借り直すことができるのです。また返済方法の見直しを行って無理のない返済計画を立てるので、毎月の支払額も少なくなって多重債務やローン地獄から開放されます。